防犯の複合対策

Security Keys

上手な組み合わせで防犯しましょう

強盗や空き巣の被害を防ぐために、鍵を工夫するのはとても大切です。どんな鍵であっても、完璧な防犯をするのはとても難しいことだと思います。そこで一番簡単にできる工夫は、まず数を増やすことです。泥棒は侵入に時間がかかることを非常に嫌います。そのため鍵の数が多ければ、その家への侵入をあきらめるケースが多いようです。これは貼り付けるだけのフェイクの鍵でも同じくらいの効果があるため、安い費用で防犯性能を高めることが可能です。またドアの隙間にガードプレートと呼ばれる板を取り付けることで、ピッキングやこじ開けの被害を免れることができます。このように手軽な一工夫をすることで、大切なものをしっかりと守ることができますね。

より効果の高い鍵とは

鍵には大きく分けてシリンダータイプ、カードタイプ、テンキータイプの三種があるそうです。その内シリンダータイプは一般家庭によく使用されており、ピッキングやこじ開けの標的となることが多かったそうです。そのため近年ではシリンダータイプの鍵でもディンプルと呼ばれる凹凸のついた、より防犯性能の高いものが登場しています。また鍵を変えるのではなく、今ある鍵を開けられないような対策を内側から取ることが、最近のトレンドとなっているようです。例としてサムターンカバーという鍵を回せないようにするカバーがあります。これは鍵の周りをカバーで覆うことで、外から開けられることを防ぐ仕組みです。大きな工事を行うのでなく、一手間加えるだけの仕組みがどんどんと開発されています。上手に組み合わせて使っていけると良いですね。