給料や歴史を見る

Security Keys

ガードマンの給料はどれぐらいなのか

あなたは、ガードマンという仕事がどれぐらいの給料で雇われているかを知っていますか。最近では、大体1時間につき1000円ぐらいの時給で雇われていることが多いです。また、残業手当は、2割五分増しで計算されますから、残業代は1時間につき1250円ぐらいとなるでしょう。 ガードマンの仕事には男性がついていることが多いですが、その給料は多くても20万円ぐらいで家族をしっかり養えるほどではありません。いくら残業代がついても、30万円以上はなかなか稼ぐことができないのです。もし、30万円以上を望むなら、夜勤をするか正社員になるかする必要があります。しかし、ガードマンという職種は、正社員となるのがとても難しいのです。ですから、そのほとんどは、アルバイトや契約社員として雇われています。

日本に警備員や警備会社が入ってきた歴史について

現在では、「セキュリティ」という言葉がしっかりと日本人のなかに浸透しています。でも、十数年前には、セキュリティという言葉は、パソコンなどで使われる専門的な言葉だったのです。現在では、セキュリティといえば、パソコンを守るのに必要なだけでなく、防犯対策や警備を強化するためにも必要になっています。 日本に最初に警備業や警備会社が入ってきたのは、高度経済成長期と呼ばれる時代でした。それは、東京オリンピックが行われたことにも関係しています。オリンピックに参加する選手たちを守るために、「ガードマン」と呼ばれる警備員たちが多数活躍しました。 この頃、「ザ・ガードマン」というテレビドラマが流行ったことでもこの言葉は有名になり、日本人の頭にすんなりと入っていったのです。